「オーガニック」って何?

健康食品

街で見かける「オーガニック」という言葉の
本当の意味を知っていますか?

Organicを英和辞典で引くと
「有機の」という意味が一番に出てきます。

化学肥料や殺虫剤などの
「農薬を使わない」栽培方法も
合わせた意味で使われているようですね。

深堀りしてみましょう!

オーガニックを名乗れる基準とは?


“農林水産省”の基準を満たしたもののみ
「オーガニック」と「有機栽培」を
名乗ることができます。

基準は細かくありますが、

現在の日本では有機JAS制度で
「有機農産物」の大雑把な定義は
以下の通りになります。

  • 化学的に合成された肥料、  農薬の使用を避ける。
  • 植付け前の2年以上、有機肥料での  土づくりした田畑で生産されたもの。
  • 遺伝子組換え技術を利用しない。

産地直送野菜の裏ラベルを見ると
「遺伝子組み替えでない」の文字が
あったりしますよね。

アレは表でオーガニックと名乗るための
証拠のようなものだったんですね!


オーガニック=無農薬ではない!

「オーガニック」=「無農薬」
と思っている人が沢山いると思いますが、

有機認定される栽培方法の中で
農薬の使用が認められているものもある。

らしいです…!

同じ働きをする農薬でも
天然原料はOKで、
化学合成はNGなんだとか。

街で見かける「オーガニック」は
無農薬でない可能性もあるということですね。

まとめ

オーガニックを名乗れるのは
農林水産省の基準を満たしたもののみ。

「オーガニック」=「無農薬」は勘違い。

なるべく無農薬のものを食べて
心身ともに健康でありたいですね。

タイトルとURLをコピーしました